本・書籍 喜久屋書店


イラストSNS等で大人気のイラストレーター“げみ”
実はこの方、1F珈琲香房匠の社長の息子なのです!

今回はそのげみさんが手がけている
喜久屋にて取り扱っている書籍のみをご紹介致します
店頭にない場合はお問い合わせ下さい
※手がけているのは表紙のみ、小説内容は一切関係ございません

夜の床屋







慣れない山道に迷い、無人駅での一泊を余儀なくされた大学生の佐倉と高瀬。
だが深夜、高瀬は駅前の理髪店に明かりが灯っていることに気付く。
好奇心に駆られた高瀬が、佐倉の制止も聞かず店の扉を開けると……。
著:沢村浩輔 出版:創元推理文庫

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん




店主の手作りスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。
早朝出勤の途中に、ぐうぜん店を知ったOLの理恵は、すっかりしずくのスープの虜になる。
理恵は最近、職場の対人関係がぎくしゃくし、ポーチの紛失事件も起こり、ストレスから体調を崩しがちに。
店主でシェフの麻野は、そんな理恵の悩みを見抜き、ことの真相を解き明かしていく。
心温まる連作ミステリー。
著:友井羊 出版:宝島社文庫

5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語


【シリーズ累計27万部突破! 】 ショートショートの決定版! 5分で読める「猫」にまつわる超ショート・ストーリー集。
ショートショート・アンソロジーの決定版、「ひと駅ストーリー」シリーズ第4弾です。
ひと駅乗るあいだに読んでしまえる超ショートストーリー集をオール書き下ろしの文庫として刊行します。

今回のテーマはずばり「猫」。
古くから切っても切れないモチーフとして小説内で活躍してきた「猫」をテーマに、
『このミステリーがすごい! 』大賞、日本ラブストーリー大賞、『このライトノベルがすごい! 』大賞出身の作家34名が、本格謎解きアリ・爆笑アリ・感涙アリのさまざまなストーリーを描きます。
出版:宝島社文庫

水族館ガール





市役所に務めて三年、突然水族館に「アクアパーク」への出向を命じられた由香。
イルカ課に配属になるが、そこには人間とのコミュニケーションは苦手な男、梶とイタズラ好きのバンドウイルカがいた。
数々の失敗や挫折を繰り返しながらも、へこたれず、動物たちと格闘する女子飼育員の姿を書く青春お仕事ノベル!
著:木宮条太郎 出版:実業之日本社文庫

二重螺旋の誘拐




大学に助手として勤務する香坂啓介は、学生時代の先輩・佐倉雅幸の一人娘の真奈佳に、亡くなった妹の面影を重ねて可愛がっていた。
ある日、真奈佳は一人でプールに出かけ、そのまま行方不明になってしまう。
真奈佳の行方を必死に探す雅幸と妻・貴子のもとに誘拐を知らせる脅迫電話が……。
啓介の物語と雅幸の物語は二重螺旋のように絡み合いながら、予想だにしない結末へと収束していく――。
著:喜多喜久 出版:宝島社文庫

ココロ・ファインダ




高校の写真部に在籍する四人の少女、ミラ、カオリ、秋穂、シズ。
それぞれの目線=ファインダーで世界を覗く彼女たちには、心の奥に隠した悩みや葛藤があった。
相手のファインダーから自分はどう見えるの?
写真には本当の姿が写るの?
―繊細な思いに惑う彼女たちの前に、写真に纏わる四つの謎が現れる。
謎を解くことで成長する少女たちの青春を、瑞々しく描く。
著:相沢沙呼 出版:光文社文庫

庵屋高校の死神-閉ざされた校舎と見知らぬクラスメイト-



気がついたときには、自分の通う庵谷高校に閉じ込められていた裏野新太。
出口を求めて校舎をさまよっていると、死神のような不気味な存在に遭遇する。
裏野は死神の襲撃をかわしつつ、同じく学校に閉じ込められた生徒たちと出会い、手を組んだ。
だが、彼らは自らを庵谷高校の生徒だと言うが、裏野は誰一人として面識がない。
やがて、裏野たちの奮闘を嘲笑うかのように、死神は容赦なく生徒を殺していく……。
著:椙本孝思 出版:アルファポリス文庫

風船教室






「チームふたり」の著者が贈る、友情と、きずなのファンタジー
ふしぎな風船のなぞを知るとき、少年はひとつの真実にたどりつく。
著:吉野万理子 出版:金の星社