SteP



今日はお子さんの足の感覚とサイズについて。

ちょうどいいサイズかどうか、確かめる時にお子さんの感覚を第一にされている方も多いかと思います。
それによって全く合っていないサイズを選んでしまうこともあるのです。

裸足に近い感覚が得られる緩いサイズはお子さんにとって楽だと感じられやすいもの。
しかし、スポーツをしたりたくさん歩いたり走ったりする場合、サイズが大きく緩いシューズはお子さんの足に無理な力を掛けることになります。
そして靴の中で足が支えられていない状態が続くと、土踏まずが足の内側にせり出すように潰れた状態になる内反扁平足になってしまう可能性が非常に高くなります。現実に今とても多いのです。
しかもそうなってしまうと、足首が足の内側に曲がってくるため、ぴったりフィットして足首を元の位置に近づけようとする、いわゆる足にあった形とサイズの靴がとても窮屈で痛いとすら感じてしまったりするのです。
それだけ足が変型してしまっていると言えます。
土踏まずは足の衝撃を軽減する役割を担っているため、内反扁平足など土踏まずの形成が妨げられると疲れやすくなったり、膝や腰に負担がかかりやすくなります。

骨が柔らかい子どものうちに合ったシューズを選び、正しい成長を促すことで、大きくなったときに足のトラブルを減らすことが出来るのです。


すぐ大きくなるからといってもサイズが追いつくまでに買い替えをしたケースはあるかと思います。
それであれば、お子さんにその時に合うサイズを履かせてあげる方が足にも靴にも良いですよ。
サイズが合っていると、靴自体に掛かる負担も軽くなるので持ちも良くなります。

大人だってワンサイズ大きな靴はとても歩きにくいと思います。
大人よりも足が未熟で小さい子どもがワンサイズ大きな靴を履くと言うことはどれだけリスクが大きいか想像出来るはずです。
それでいて、お子さんはパパやママ以上に学校や公園で走り回っているのです。

お子さんの足のサイズ、靴のサイズは合っていますか?

当店では随時、無料で計測しております。
気になる方はお気軽にお越しください!(´▽`)ノ

ご相談も承ります。