SteP


お子さんのマフラーが手放せなくなってきました!
風邪もはやってるようなので気をつけたいですね。

小さなお子さんはあまり寒いとか冷たいとか言わないですよね。
言葉をあまり知らないからでしょうか?
幼児期の子どもが冬にもかかわらず上着を着るのを嫌がったり、素足で走り回ったりする場面を見かけたことは無いでしょうか?

実は赤ちゃんから幼児は大人ほど寒さは感じていません。
体温が高いことや代謝が良いためと言われていますが、大人より寒さは感じないようです。むしろ暑がりです。
手足がひんやりしているのも血管が少なく手先や足先まで熱が行き届きにくいこともあるようです。寒さで冷えているだけではないのです。

冬だから寒いからと大人のように何枚も重ね着をしたり、靴下二枚にブーツなどの服装はかえって汗をかかせることも。
びっしょりかいた汗で逆に体を冷やすなんてことにもなりかねないのです。
また靴下の重ね履きによる圧迫で余計に血行が悪くなるおそれも。

歩き始める前なら靴下二枚でOK。
歩き始めからよちよち歩きのお子さんなら歩きやすさ重視で冬であってもある程度の通気性を考慮した素材のものがベスト。
シューズを履くなら靴下二枚履きの必要はありません。
ブーツをはくならば合皮よりやわらかな生地で裏生地にメッシュ素材が使われているような吸湿性のよいものがオススメです。

お子さんの体質や汗のかき具合なども見てあげながら過ごしやすい装いを心がけてくださいね。